スタッフブログ

Staff Blog

病気に負けるな!免疫力と運動の関係とは?

2020.05.19

下関 ジム 咳をする女性

昨今世間を騒がせている新型コロナウイルス。ウイルスの完璧な撲滅は難しく、「ウイルスとの共存」を目指していこうと表現されるようになってきました。

なんだかいつかは自分がかかってもおかしくないような表現です。

コロナウイルス以外にも季節性の風邪や胃腸炎など、普段から罹らないように気を付けたい病気はたくさんありますね。

健康でいるための1つのポイントとして体の免疫力が挙げられます。

馴染みのある言葉ですが、体の中でどのように働き、私たちを病気から守ってくれているのか、意外とご存じの方は少ないのではないでしょうか?

また、免疫力には適度な運動が大切!だなんて言いますが、それはなぜでしょう?免疫力と運動の関係についてもしっかりご説明していきたいと思います。

今後の「病気にならない身体造り」のためにぜひ参考にしてみてくださいね。

・免疫力とは?

下関 ジム 免疫システム

まずは基本のキから。免疫とは、体内で発生したガン細胞や外から侵入した最近やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことです。

免疫システムは2つの仕組みから成り立っており、1つは「自然免疫」と呼ばれています。常に体内を監視し、侵入者に対していち早く攻撃態勢を整えます。初期段階の防衛線の役割ですね。

2つ目の「獲得免疫」は、高度な生命体のみに備わったシステム。強い破壊力を持ち、がんなどの強力な敵に対抗するもの。特定の病気に対して抗体をもつのもこのシステムのおかげなんです。

免疫は体内に侵入した異物に対し、まず「自然免疫」が攻撃を仕掛け、それでも撃退できない場合は「獲得免疫」が出動するという“2段構え”になっています。両者は密接な連携プレーであらゆる状況に対応します。

非常にザックリと説明しましたが、免疫システム非常に精巧な仕組になっていて、いくつもの免疫細胞が協調しあうことで成り立っています。

このように私たちの体を健康に保つために必死で戦ってくれる免疫力。そんな免疫細胞たちが働きやすいように、私たちの方でも体内を整えてあげることを心がけたいですよね。

・免疫力をあげるためには?

下関 ジム 免疫によい食べ物

免疫力を高めるために体内を整えるといっても何を心がければよいのでしょう?

まず1つめは「腸内環境を整える」こと。

免疫細胞の6割は腸に存在しているといわれています。つまり腸内を整えれば大多数の免疫細胞にとって活動しやすい状態になるのです。口から取り入れる食物が大きな影響をもたらすので、摂取する食べ物が重要になってきます。

免疫細胞を活性化させるには、腸内の善玉菌を増やすこと。善玉菌を増やすには善玉菌のエサになる食物をとりましょう。

善玉菌といえば思い浮かぶのは乳酸菌です。乳酸菌はそれ自体が善玉菌であり、他の善玉菌のエサにもなるんです。

乳酸菌を含む食物は、ヨーグルトなどの乳製品のほかに、日本古来の植物由来の乳酸菌で発酵させた数々の発酵食品があります。

発酵食品をつくる菌には乳酸菌の他に、麹菌、酵母菌、酢酸菌、納豆菌などもあります。これらは日本人の身体に一番合っています。日本人は昔から発酵食品をとることで免疫力を高めていたのですね。

発酵食品には、味噌、醤油、酢、納豆、ぬか漬け、たくあん、キムチ、チーズ、ヨーグルト、又パン、日本酒、ビール、焼酎、ワイン、かつお節などがあります。これらを意識して摂取するとよいでしょう。

・免疫と運動の関係

下関 ジム ランニングをする女性

それではお待ちかねの運動との関係をご説明していきたいと思います。

免疫力を高めるために重要なポイント2つめが、「体温を上げる」ことなんです。

なぜでしょうか?

免疫細胞は血液の中に存在しているため、体温が低いために血行が悪いと体内に異物を発見しても素早く攻撃することができないんです。免疫力は、体温が1℃下がると30%低下し、逆に1℃上がると一時的には最大5~6倍アップするともいわれ、体温を上げることの重要性がよくわかります。

もうおわかりかと思いますが、この「体温をあげる」ということと運動が密接に関係しているのです。

現代人に多い「低体温」の原因は、ズバリ筋肉量の低下。原因の9割が筋肉量の低下に当てはまるといわれています。

50年前と今では日本人の体温の平均は0.7度近く下がっています。

その理由の1つとして、現在のライフスタイルが明らかな運動不足になっているから。便利な家電がなかった時代は、全部手作業で行い仕事も畑作業の人も多かった。対して、現在は乗り物や家電の充実によって日常生活における運動量は低下してしまったんですね。

運動量の低下にともなって、筋肉量が減少します。筋肉は人体最大の熱産生器官ですから、筋肉が少なくなると、体温も下がり、基礎代謝も下がります。基礎代謝とはじっとしているときでも体内でエネルギーを消費していること。基礎代謝が落ちれば、エネルギーが消費されにくくなって、内臓脂肪が増加してしまうのです。

血行が悪くなるばかりか、この内臓脂肪、実は20種類以上の悪玉ホルモンを分泌してしまうんです。このホルモンたちによってがんや高血圧、糖尿病などの怖い病気が引き起こされる原因の1つになるわけなのです。

しかし逆に、運動を行って筋肉量を増やすことによって、体温の低下を防ぐことができるのです。引き締まった身体を手に入れられるとともに、日常の小さな風邪や命にかかわる大きな病気まで防げるなんて一石二鳥以上の得ですよね。

なので是非、少し風邪をひきやすいななんて方や、大流行中のコロナに身体の中から負けたくない!と思っている方はこれを機会に日ごろの生活に運動を取り入れてほしいのです!

1日中動かないでいると、1日で0.5%もの筋肉が失われます。ということはたった2日間で1年分の筋肉を失ってしまうわけです。いままったく運動できてないって方は、簡単な運動からでも結構です。少しでも時間を見つけて一日30分以上は歩くように心がけましょう。

また、「ながら運動」ができるスクワットもおススメ。ドライヤーしながら、歯磨きしながら、テレビを見ながら。ちょっとずつ日常に筋肉を動かすことを意識する時間を増やしましょう。

できればジムを利用できると二重丸!器具を使って効果的に筋肉量を増やしていくことができます。

やっぱり整った環境で運動することは気持ちがいいものです。運動へのモチベーションを保つために是非そういった施設も利用しましょう。

下関 ジム ジムを利用する女性

SOLでは運動初心者の方も大歓迎。知識を持ったスタッフがあなたのトレーニングをサポートします。

体験入会も受付中です!是非お気軽にお問い合わせください。