スタッフブログ

Staff Blog

おいしく食べて痩せる!糖質制限ダイエット

2020.07.29

よくダイエットというと糖質制限という言葉を耳にします。2012年年ごろから注目されており、糖質制限ダイエットに関する世間の認知度も格段に高いです。ではなぜダイエットに糖質制限がいいのか、糖質制限に向いている食材は何かを紹介します。

【 太るメカニズム 】

ラーメンや炒飯など、炭水化物(糖質)を毎日食べていると太りますよね。ではなぜこれらが太る原因となるのでしょうか?
炭水化物を沢山食べると、血液中にブドウ糖が増えます。血糖値が上がると、すい臓から別名”肥満ホルモン”と呼ばれるインスリン”が分泌され、肝臓や筋肉にブドウ糖が取り込まれます。そうすると、血液中にブドウ糖が過剰に増え、余分なブドウ糖が中性脂肪に変わり、どんどん溜め込まれた結果肥満になってしまうのです。

【炭水化物の多い食材】

主食:米、パン、パスタ、そば、うどんなど

果物:みかん、りんご、もも、いちごなど

野菜:芋、とうもろこし、かぼちゃ 、トマト、人参など

その他:洋・和菓子、フルーツジュースなど

ほとんどが、気にしていなければよく食べる食材です。ではどうすれば制限できるのでしょうか?

【ロカボを意識する】

「ロカボ」とは、 緩やかな糖質制限の意味で、食・楽・健康協会は、1食あたりの糖質量を20~40gに抑えることを提唱しています。間食含めて1日の糖質量を70~130g以内に抑えるには、ステーキや魚、サラダなどを積極的に摂るようにし、ごはんはいつもの半分に減らしたり、玄米に切り替えるなど食事の工夫をすることで適正な糖質量にすることができます。

【糖質の少ない方を選ぶ】

例えばお酒が好きな方でも、糖質ゼロのビールや、蒸留酒である焼酎やウィスキーは問題ありません。ワインも辛口で適量なら大丈夫です。1日における糖質の量をきちんと把握して、おいしくダイエットしていきましょう。もっと詳しく知りたい方は糖質早見表がわかりやすくて便利です。

【運動も大事】

有酸素運動や筋トレを行うことで、血糖値が下がりやすくなります。ただ定期的に運動をしないと効果が失われるため、自分にあったペースで運動も一緒に行いましょう。SOLでは皆様の健康維持や生活改善をサポートしていますので、体力に自信がない方、昔運動していたけどどれ位運動したらよいのか悩まれている方など、ぜひお気軽にご相談・見学いただければと思います。

——————————————————————

下関市にあるジム フィットネスクラブSOLのTOPはこちら